CADオペレーターって何だろう?

CADオペレーターとは、製品や建築の手書き図面や設計図を専用のPCソフトを駆使して綺麗に清書をする仕事です。ひと口にCADオペレーターと言っても、分野が様々に分かれています。それぞれの分野によって現場や仕事の特徴も多岐に渡ります。そもそも”CAD”とは何でしょう?始めてこの言葉に触れる人々なら誰もが思う事でしょう。この”CAD”が設計図などをパソコン上で描くシステムとなります。CADオペレーターが登場する前は、手描きで清書を行うトレーサーなどの存在がいました。

何故CADオペレーターが現場で重宝されるかと言えば、清書も去る事ながらその図面のデータ化の便利性が挙げられます。かつての紙上での手描きトレースの時代が終わり、CADの技術を採用する事で、パソコン上の情報を手軽に共有出来るようになりました。想像しても分かるように、紙上の図面や製図よりもずっと修正もたやすくなります。そして保管や管理がパソコン上で便利になるのです。3D-CGのCADオペレーターならば、その製図を基に立体図も立ち上げる事が出来るので完成のイメージがしやすい利点もあるでしょう。
もちろん、現実的に触る事が出来る模型は大切です。建築現場をはじめとして、どこの現場でもダミーや模型は制作するでしょう。けれどもCAD技術には、関係者が逸早くそのイメージを確認・共有する事が出来る側面があります。模型やダミーを制作するよりも先に入念な修正作業が出来る点は魅力です。どちらにしても、今建築現場を含めた物づくりに欠かせない存在がCADオペレーターと言えるでしょう。工業デザイン関連や機械・自動車・アパレル業界まで、様々な分野で必要不可欠な技術となっています。

CADオペレーターの現状。

CADオペレーターとひと口に言っても、前述のように多岐に渡ります。分野が違えば扱う物も違います。また職場が違えば雰囲気も全く変わるでしょう。反対に言えば現在CADオペレーターは、どのような物作りの現場でも必要な人材と言えます。要は皆が心の中で思っている商品を視覚化するための作業員だからです。CADオペレーターの仕事と供に、製図や設計図のデータ整理的な役割を担うケースもあります。”CAD”系のソフトは云わば事務系の仕事と同じです。文書作成なら”Word”、計算なら”Exel”、会議資料なら”Powerpoint”、物作りの完成イメージなら”CAD系ソフト”と同列で考えると身近に感じる事が出来ます。そのためCADオペレーターは派遣先が比較的見つかりやすい技術かもしれません。事務系の仕事で同じ事が言えるように、CADオペレーターにはCADの技術プラスその分野の知識を求められる職場も多いかもしれません。